卓球をまじめに見た

東京オリンピックも明日で終わり

いろんなことを言われていましたが、始まってしまえば応援せざるを得なくなりますね。

身近なのに真面目に見たことがなかった卓球も

美誠ちゃんと水谷君のミックスダブルスの金メダルをきっかけに、ちょこちょこTV観戦してました。

それにしても、あんなボールが取れるんだ!?と驚きの連続でした。

卓球といえば、体育館の端っこで地味に練習しているイメージが強く。

(長年、炎天下の中でテニスにいそしんでいたもので)

それにしても、日本の前に立ちふさがる中国の壁は、相変わらず高かった。

ミックスダブルスで勝利したため、もう少し接戦になってくれることを期待していましたが、残念。

中国では、日本のトップクラスくらいの選手が星の数ほどいて、国内で上に行けないから、近隣諸国に移籍してプロとして活躍する方も多いとか。

そんな日の目を見れない選手たちの中から選ばれた中国代表には、想像を絶するプレッシャーと誇りを背負っているのでしょうね。

「絶対に負けられない」「負けるわけがない」

すごいですね。

次のパリでは、より高みを目指せる選手が育ってくれることを祈りつつ。

ウチにも、年季の入った卓球台がありますよ~

お気軽にお声をおかけください♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

頭は帽子の台じゃない

次の記事

残暑ざんしょ