何とかなるものだ

年が明けてから、ずっと寒さが緩まず、外のお風呂を楽しみにしているお客様には、なかなか厳しい季節となっていました。

特に2月に入ってから、思うようにお湯の量が供給できず、いろいろいじっていたのですが、効果が見られず(泣)

配管とポンプの間を行ったり来たりする日々を続けていました。

まぁ、そんなことをしていると、「気づき」ってものがあるもんで。

配管のつなぎ目のところから空気が漏れることで、配管内の圧力が低下しているってことに思い至ったわけです。

とりあえず思いつく限りのつなぎ目にビニールテープぐるぐる巻いてみた。

たったそれだけのことなんですが、お湯の量を増やすことに成功!

まぁ、これからは温かくなって行くので、今更感満載ですが。

これも経験。

次の冬は無敵になってると、いいなぁ。

これからは夜もじっくり楽しめるはずだ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。